長野公園

 2017年9月27日(水) 01:13 JST

「延命寺で初夏のバードウォッチング!!」レポート

  • 2016年5月17日(火) 18:00 JST

「延命寺で初夏のバードウォッチング!!」レポート

「延命寺で初夏のバードウォッチング!!」レポート

5月14日に、当長野公園と河内長野野鳥の会との共同実施探鳥会を行いましたので報告させていただきます。本探鳥会のリーダーとして私と河内長野野鳥の会の会長さんの2人が担当しました。

探鳥会のコースとしては三日市駅から長野公園の延命寺地区に向かってバードウォッチングを行い、さらに千早口駅まで歩いて最後に鳥合わせをして解散という流れで実施しました。当日は天候にも恵まれ、まさに探鳥会日和。参加者は私を除いて30名でした。河内長野野鳥の会に所属されている方が多かったですが、一般の方も数名参加してくださいました。

探鳥会の趣旨とコースの説明だけ簡単に行い、スタート。最初に発見した鳥はイワツバメ。みんなで観察するも高く飛んでいて早く動くのと場所の悪さでなかなか見れないので後で見ようということになり、先に進みました。

住宅街の中を通る途中、屋根の端に止まるイソヒヨドリを発見、立ち止まってゆっくり観察しました。そのすぐ後、上空に舞う2羽のタカを発見。なんと絶滅が心配されている希少なタカの仲間ハチクマのつがいでした。このあたりにもまだまだいるんですね。

「延命寺で初夏のバードウォッチング!!」レポート

 

一方、川沿いではキセキレイの親が若鳥に餌を与えている様子や電線で囀るホオジロ、飛んでいくカワガラスなどを観察。鳥ではありませんが、大きく立派なアオダイショウも観察しました。途中、再び上空高くにハチクマが出現しました。

延命寺には予想より早く到着。昼食にはまだ少し早いので時間をつぶすため珍しい鳥が見れるかもしれないポイントへ。残念ながらいたのはカルガモの夫婦ぐらいで姿はおろか声も聞こえませんでした。戻って延命寺の蓮池周辺でランチタイム。歩くと汗ばむ陽気でしたが、風がとても心地よく、気持ちよく食事ができました。食事中に何度かキビタキが出現。かなり近くで観察できました。

休憩後、延命寺内を散策。しかし、肝心の鳥があまり現れませんでした。トイレ前に戻ってきて千早口へ向かおうとした矢先、「ツキヒーホシ、ホイホイホイ・・・」の声。サンコウチョウです。やはり先ほど見に行ったポイントの方向から聞こえてきました。名残惜しいですが、帰路につき、千早口へ。千早口では駅前の店屋の軒下にツバメとコシアカツバメの巣を発見。両者セットで巣を見たのは初めてなのでびっくりしました。

「延命寺で初夏のバードウォッチング!!」レポート

 

鳥合わせでは30種を確認。思ったよりも鳥の出が悪かったですが、目当てのサンコウチョウの声を全員で聴けたのでよかったと思います。

初めて参加いただいた方もまた参加したいと仰ってくれていました。今後も実施も機会があればぜひ実施したいと思います。ご参加くださった方々ありがとうございました。

※ご注意:facebookのお知らせからこのページにリンクして来た場合、facebookのコメント欄が正しく表示されませんので、コチラ をご覧下さい

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.toshi-kouen.jp/trackback.php/nagano_events20160517
  • 「延命寺で初夏のバードウォッチング!!」レポート
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

ログイン

申し訳ありませんが、先にログインしてください。