文字サイズ

背景色

大阪府営5公園:久宝寺緑地 住之江 住吉 長野 石川河川公園の情報サイト


石川河川公園

 2022年12月10日(土) 10:50 JST

Family Nature Program 2022 石川中流での魚とり観察会①レポート

  • 2022年7月14日(木) 17:31 JST

日時:令和4年7月10日(日)9:30~11:00
場所:自然ゾーンA
参加者:7組24名(大人12、子ども12)
テーマ:生きもののとり方、見つかった生きものの解説など

 

戻り梅雨のような蒸し暑い気候ではありましたが、生き物たちの活動が最盛期を迎えつつあるこの時期に石川中流での魚とりを開催しました。依然として続く新型コロナウイルス感染症対策として、受付時に体温の計測や手指の消毒、マスク着用などの協力をお願いし、観察会中も出来るだけ密集しないように家族単位で間隔をとってもらうよう声かけをしつつ実施しました。

Family Nature Program 2022石川中流での魚とり観察会① Family Nature Program 2022石川中流での魚とり観察会①

前日の降雨の影響もあり本流は若干の濁りと水の流れも速かったので、前半は水路からの流れ込みの部分でガサガサのやり方や手ごたえを感じてもらいました。初めのうちは小さなお子さんなど、水に入ることや草の中へ足を突っ込んで生き物を追い出すことにためらいがありましたが、エビや小魚、オタマジャクシなどが取れだすと楽しくなってきたのかどんどん親御さんより率先して生き物探しをする姿が見られました。

Family Nature Program 2022石川中流での魚とり観察会①Family Nature Program 2022石川中流での魚とり観察会①

お茶休憩を挟んでからは流れの穏やかなところを選んで本流を遡上しながらガサガサ。水位が上がったことで沈水した草むらにコイの仔魚やナマズの仔魚が逃げ込んでいました。上流から流れてきたであろう10cmほどのオオクチバスもいましたが、様々な生き物を観察することができ、参加者の皆さんはとても満足そうでした。

観察できた生き物

ウキゴリ、オイカワ、オオクチバス、コイ、ドジョウ、ドンコ、ナマズ、ヨシノボリ、オタマジャクシ、モクズガニ、ヌマエビ、アメリカザリガニ、ミシシッピアカミミガメ、コヤマトンボ、シオカラトンボ、ヒメタニシ、スクモリンゴガイ

Family Nature Program 2022石川中流での魚とり観察会①Family Nature Program 2022石川中流での魚とり観察会①